スタッフ紹介

皆さんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

今年は暖冬で、1月というのに春のような日があって驚いています。

かと思えば急に気温が下がったりと、体調を崩しやすいですね。

手洗いうがいをしっかりとし、体調管理に気を付けましょう。

 

当院のウサギさんも、急にご飯を食べなくなって点滴をしています(皮下補液)。皮下補液のおかげで、翌日からはすぐにご飯を食べてくれるようになりました。🐇

ウサギさんやモルモットさんがご飯(主に乾草)を食べない、ウンチやおしっこが出ない時は、しばらく様子を見ておくのではなくすぐに病院へ行きましょう。

草食動物は、常に胃腸を動かしていないといけない動物だからです。(^-^)

 

 

 

 

さて、患者様によく「ペットホテルもしてるんですか?」と尋ねられることがあるので、今日はペットホテルについてお話したいと思います。

当院では、入院のほかにペットホテルも行っています。

 

わんちゃんのお部屋です。

下のケージは、仕切りを外すと大型犬用の広いお部屋にできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

猫ちゃんのお部屋です。ストレスに弱い猫ちゃんのために、わんちゃん猫ちゃんは別室になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドッグランもあります。わんちゃんは朝夕2回、お外へお散歩に行きます。

 

 

 

 

 

 

ウサギさんもお預かりしています。

料金など詳しい内容はこちら☞http://matoba-forest.com/nyuin/index.html

 

日曜祝日も対応しています(9時~18時)。お盆とお正月はお休みです。

ご利用の際は、事前にお電話にてご予約をお願いします。

 

 

 

 

次に本のご紹介です。

『はじめての猫のターミナルケア・看取り』

 

ターミナルケアとは、病気などで余命がわずかになった方のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を目指すケアのことです。

治療を目的とせず、「残された時間を充実したものにしよう」という考え方です。

 

ペットを飼っていらっしゃる方は、誰しもいつかは訪れる看取り。

「うちの子にその時が来た時、どうしたらいいんだろう。何をしてあげられるだろう。」という疑問に、漫画でわかりやすく説明してあり

ます。涙無しには読めない一冊です。猫ちゃんだけでなく、ペットの子を飼っていらっしゃるすべての方に読んでいただきたいなと思います。

待合室の本棚に置いてありますので、よかったら手に取ってみてくださいね。(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2020年2月4日更新