スタッフ紹介

皆さんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

台風が過ぎ去った後からめっきり涼しくなり、お散歩がしやすい季節になりましたね。

毎朝窓を開けると、心地よい空気に癒されています。(´ー`)

空も秋の空になってきましたね。

 

 

 

 

涼しくなってくるとノミ・マダニの予防はそろそろしなくてもいいかな、と思われがちなのですが、秋は卵から孵化した幼ダニ(マダニの赤ちゃんです)が一番増える時期です。お外にお散歩に行かれるわんちゃんたちは、12月頃まではしっかりマダニ予防をしましょう。

 

また、季節の変わり目は、下痢をしたり体調を崩しやすかったりします。

最近の外来では、お腹の調子が悪く下痢をしている子や、膀胱炎などの尿路疾患の子がよく診られるように感じます。

お水とご飯はちゃんと食べているか、おしっことうんちはいつも通り出ているか、少し気にかけて見てあげてください。(*^-^*)

ちなみに我が家の猫さんとウサギさんは、涼しくなって食欲が増えました。

食欲の秋ですね。(^^;)

 

 

 

 

 

連休二日目、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

コロナの感染者数が減ってきたので、お出かけされる方も多いかもしれませんね。

 

当院は、9月21(月)~23日(水)まで休診になりますが、お電話は繋がりますので急患の方は一度お電話ください。

万が一お電話が繋がらない場合は、

◍福岡市獣医師会当番医案内電話(日・祝日の10時~17時):TEL092-726-1404

◍福岡夜間救急動物病院(夜9時~翌朝5時):TEL092-504-8999

へお電話されてください。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

最後に本のご紹介です。

『スマホひとつで暮らしたい』

 

 

コロナ渦で外出できなかった時に、家の物を断捨離する機会がありました。

「ミニマリスト」:必要最小限の物だけで暮らす人のこと という言葉を検索していくと、この本に巡り合い「身軽に暮らすと余裕が生まれる」という言葉に惹かれました。

 

 

 

スマホをお持ちでない方も、目から鱗術がたくさん載っています。

病院の本棚に置いてありますので、是非、お手に取ってみてください。(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川市で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2020年9月19日更新

皆さんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

今年は、九州豪雨及び全国各地でも深刻な被害が広がっていますが、年々、雨季の大災害が当たり前のようになってきました。

災害がいつ我が身に起きてもおかしくないという心構えと、災害に備えることの大切さを、ニュースを見ながら日々感じています。

 

 

さて、皆さんは『同行避難』という言葉をご存じでしょうか。

同行避難とは、『災害発生時に飼い主が飼育しているペットを同行し、避難所や避難 場所まで安全に避難すること』です。

 

 

2019年にアイペット損害保険会社が行ったアンケートによりますと(942名を対象に)、

「自宅から最寄りの避難場所を知っている」と答えた飼い主さんは78.3%でした。

しかし、その内「避難場所にペットを連れて避難できるか知っていますか?」と尋ねたところ、「知っている(連れて行けるが、建物の中に一緒に入ることができるかはわからない)」「知らない」を合わせ、全体の7割以上がペットと避難場所で一緒に過ごせるかどうかわからないという結果だったそうです。

また、同行避難を正しく理解できている飼い主さんは半数程度、さらに、同行避難が原則とされていることを認知していた割合は、2割未満だったそうです。

 

 

ペットを飼っている私たちは、日頃から、同行避難ができる避難場所を把握しておくこと。

避難場所へペットを連れて行く際の注意事項について、あらかじめ居住市町村に確認しておくこと。

同行避難ができない場合(大型の動物や専用の飼育施設が必要なものなど)は、避難所での受け入れは困難であるため、避難先を検討しておくこと(車中避難、知人や施設など)。が大切ですね。

 

私も先日の九州豪雨を受けて、同行避難について詳しく調べる機会になりました。

ご存じの方も多いかと思いますが、以下のサイトを是非参考にされてみてください。

環境省のホームページ

 ☞https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h3009a.html

 ☞https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506/ippan.pdf

 

 

備えあれば憂いなし。大切な家族を守るために、最大限の備えをしておきましょう。(^_^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川市で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2020年7月25日更新

皆さんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

昨年地植えした紫陽花が、今年は見事に花開いてくれました。(^-^)

紫陽花を見ると、梅雨の訪れを感じますね。

 

 

さて、先週末から急に気温が上がる日があり、当院にも「ハァハァ言ってます!熱中症でしょうか?」と駆け込まれた方や、お問い合わせが数件ありました。また、血便をしている、食欲がありませんという患者様も見られました。

 

この時期、「まだ暑さを我慢できるから大丈夫かな。」と思っていても、留守にしている間に予想以上に気温が上がることがよくあります。お留守番をしているペットの子たちは、暑さに耐えきれないかもしれません。

ペットの子たちは、私たち人間と違って毛皮を一枚多く来ていると思ってください。

人間がまだ我慢できる室温は、ペットの子たちにとってはすでに暑いでしょう。

特にわんちゃんやウサギさんは暑さに弱いです。

窓を全開にして扇風機をあててあげたり、エアコンを付けて温度管理をしてあげましょう。

 

エアコンの設定温度の目安は、25度~27度前後をおすすめしています。

しかし、部屋の広さや高さによって温度の下がり具合も違います。各ご家庭に合った設定温度を見つけてくださいね。

 

また、季節の変わり目、日中と夜の温度差が激しいこの時期は、体調を崩しやすくなります。

うんちの状態や食欲がいつもと変わりないか、気を付けてみてあげましょう。(^_^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川市で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2020年6月8日更新

皆さんこんにちは。

動物看護師の野村です。

 

 

毎年この時期になると、「マダニがくっついています!」と来院されるわんちゃんがいます。

こんなに小さな幼ダニや(1~2mmくらいです)

 

 

血を吸って大きく膨らんだマダニまで(こちらの画像は写真を撮りそびれたので無料サイトからお借りしました)。様々です。

 

 

 

いずれも山など特別な場所へ行ったわけではなく、普段のお散歩中にマダニがくっついたそうです。

お外へお散歩に行かれる方は、マダニに咬まれる可能性が十分にあります。ノミ・マダニ予防もしっかり行いましょう。

マダニに咬まれた場合に起こる症状(過去記事)はこちら☞http://matoba-forest.com/wp/archives/890/

 

 

マダニ予防薬には数種類あります。

◎おやつタイプ

◎錠剤

◎スポットタイプ

 

ノミ・マダニ対策は、月に1回の投薬(3カ月に1回のお薬もあります)で予防することができます。

フィラリア予防をされる方は多いですが、ノミ・マダニ予防も忘れずしっかり行いましょう。(^_^)/

 

 

 

 

 

お散歩から帰ってきたら、以下をチェックしてみてください。

🐾バンザイをしないと見えづらい脇や内股、お腹

🐾被毛の少ない鼻や目の周り、お尻(肛門)の周り、耳の中

ゴマ~テントウムシくらいの小さな虫がついていたら、マダニかもしれません、、、(>_<)

 

もしマダニに咬まれた時は、

決して触らず病院へ行き、適切な処置を受けてください!

吸血中のマダニはセメントのような物質でしっかり咬み付いているため、なかなか取れません。

無理に引っ張って取ろうとするとマダニの牙が体内に残ってしまい、化膿などの原因となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

移転一周年を記念して、患者様から素敵なお祝いをいただきました。

心のこもった折り紙まで。(*^-^*)ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川市で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2020年5月25日更新

はじめまして!

動物看護師の吉田 千早です。

 

小さい頃から動物が好きで、ペットの子たちと飼い主様が安心して幸せに暮らせるお手伝いがしたいと思い、動物看護師になりました。

 

まだまだ勉強することばかりですが、ペットの子たちと飼い主様に信頼していただけるよう、精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川市で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2020年4月9日更新

 

ネクスガードスペクトラをご購入の皆様へ嬉しいお知らせです😊

今年もネクスガードスペクトラを年間分(5~12月までの8か月分)をご購入いただいた方を対象に、くじ引きができるイベントを開催中です!(4月1日~なくなり次第終了)

 

先着100名様限定で素敵な商品をプレゼントいたします。

1等   商品券 3000円分    3名様

2等   商品券 1000円分   10名様

3等   おやつケース       30名様

4等   ワンちゃんボール     57名様

 

 

 

なくなり次第終了となります。

詳しくは病院スタッフまでお尋ねください。

3月末から桜が満開になるとともに、過ごしやすい暖かい気候になっていき、虫さんたちも活発になってきましたね。

ネクスガードスペクトラで、フィラリア、ノミ、マダニをまとめて予防しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川市で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2020年4月2日更新

皆さまこんにちは。

動物看護師の後藤です。

 

 

だんだん暖かくなり、お出かけしたくなるような陽気ですが、

今年はなかなかお外にも出られず、お花見もゆっくりできませんね。

少し寂しいような気もしますが、健康第一です!

皆さまもお体、お大事になさってください。

病院が新しくなって1年が経ちました。

まだまだ新しい気持ちを持ち続けて何事にも取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

5月~12月はフィラリア予防期間です。この8か月間は月一回の投薬を忘れずに行い、フィラリア症を予防しましょう。

今年も、フィラリア予防応援キャンペーンを実施中です。8か月分まとめてご購入される場合、特別価格でご購入できます。

キャンペーン期間は4月1日~5月31日までです。ぜひご利用ください。

 

また、春の健康診断キャンペーンも実施中です。血液検査を特別価格で受けることができます。

キャンペーン期間は4月1日~6月30日までです。年に一回は血液検査を受けて、病気の早期発見に努めましょう。

 

温かくなってきたのでノミ・マダニも動き始めています。早めにノミ・マダニの予防も始めましょう。

4月は、狂犬病予防接種、フィラリア、ノミ・マダニなど予防期間が始まります!

しっかりと予防をし、今シーズンも元気に過ごしましょう。(´▽`)♪

 

 

 

病院の猫ちゃんも、お薬でフィラリア・ノミ・マダニ対策バッチリです!!

 

 

 

患者様からお花をいただきました。

早速待合室に飾らせていただいています。ありがとうございました。(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2020年4月2日更新

皆さんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

日に日に暖かくなり、春の訪れを感じる今日この頃ですね。

新型コロナウィルスの世界的大流行の影響で、身の回りの環境が大きく変わりました。

多くの方がストレスや不安を抱えている中、一日も早く終息することを願うばかりです。

 

 

 

 

那珂川沿いの菜の花が、とてもきれいでした。もうすぐ桜が咲くのが楽しみです。(*^-^*)

 

 

今日で、移転をしてから一周年、開院してから四周年になりました。

毎年春になると、夫婦二人でスタートした駆け出しの頃を思い出します。

少しずつ患者様もスタッフも増え、移転をし、病院の成長を振り返ると、とても感慨深いものがあります。

この四年間、本当にたくさんの方々に支えられてきました。ここまでやって来れたのは、皆さまのおかげです。心から感謝いたします。

これからも、もっと病院を成長させたい、挑戦したいことがたくさんあります。現状に満足することなく、新しい知識を学び続け、皆さまに満足していただけるような病院にしていきたいと思っています。どうぞこれからもよろしくお願いします。(^-^)

 

 

 

四月一日から、診察開始時間が変更になります。

午前9時~12時まで。

午後16時~19時30分まで。

ご不便をおかけして大変申し訳ありませんが、併せてよろしくお願いします。

 

 

 

 

新しく本を入荷しました。

『大家さんと僕 それから』です。

 

 

「大家さんと僕」の続編(完結編)です。

じんわりほっこりココロを温めてくれる一冊です。

是非、手にとってみられてください。(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川市で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2020年3月22日更新

皆さんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

今年は暖冬で、1月というのに春のような日があって驚いています。

かと思えば急に気温が下がったりと、体調を崩しやすいですね。

手洗いうがいをしっかりとし、体調管理に気を付けましょう。

 

当院のウサギさんも、急にご飯を食べなくなって点滴をしています(皮下補液)。皮下補液のおかげで、翌日からはすぐにご飯を食べてくれるようになりました。🐇

ウサギさんやモルモットさんがご飯(主に乾草)を食べない、ウンチやおしっこが出ない時は、しばらく様子を見ておくのではなくすぐに病院へ行きましょう。

草食動物は、常に胃腸を動かしていないといけない動物だからです。(^-^)

 

 

 

 

さて、患者様によく「ペットホテルもしてるんですか?」と尋ねられることがあるので、今日はペットホテルについてお話したいと思います。

当院では、入院のほかにペットホテルも行っています。

 

わんちゃんのお部屋です。

下のケージは、仕切りを外すと大型犬用の広いお部屋にできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

猫ちゃんのお部屋です。ストレスに弱い猫ちゃんのために、わんちゃん猫ちゃんは別室になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドッグランもあります。わんちゃんは朝夕2回、お外へお散歩に行きます。

 

 

 

 

 

 

ウサギさんもお預かりしています。

料金など詳しい内容はこちら☞http://matoba-forest.com/nyuin/index.html

 

日曜祝日も対応しています(9時~18時)。お盆とお正月はお休みです。

ご利用の際は、事前にお電話にてご予約をお願いします。

 

 

 

 

次に本のご紹介です。

『はじめての猫のターミナルケア・看取り』

 

ターミナルケアとは、病気などで余命がわずかになった方のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を目指すケアのことです。

治療を目的とせず、「残された時間を充実したものにしよう」という考え方です。

 

ペットを飼っていらっしゃる方は、誰しもいつかは訪れる看取り。

「うちの子にその時が来た時、どうしたらいいんだろう。何をしてあげられるだろう。」という疑問に、漫画でわかりやすく説明してあり

ます。涙無しには読めない一冊です。猫ちゃんだけでなく、ペットの子を飼っていらっしゃるすべての方に読んでいただきたいなと思います。

待合室の本棚に置いてありますので、よかったら手に取ってみてくださいね。(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2020年2月4日更新

みなさんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

昨年の秋頃から「急に寒くなったり暑くなったりと、寒暖差が激しいですね。」と患者様とお話することが多くなったように感じます。

「インフルエンザにかかりました」というお声もちらほら耳にするようになってきました。

皆様もインフルエンザや風邪などひかれませんようお気を付けください。

 

 

さて、今年も冬の健康診断キャンペーンを実施中です。

健康診断(ペットドック)が、通常料金の20%割引となります。

実施期間は、1月4日~3月31日までです。

予約制になりますので、ご希望の方はお電話にて予約をされてください。

 

 

人間も『一年に一回は人間ドック(健康診断)を受けましょう』と言われますよね。

かくいう私も、昨年南区役所でよかどっくをフルコースで受けました。どこにも異常がないと安心できて良かったです。

たまたまお隣の席にいらっしゃった知り合いの方は、偶然病気が見つかり、即手術をされて今はお元気だそうです。「自覚症状が全くなかったから驚きました。」とおっしゃっていました。

 

わんちゃんねこちゃんも一年に一回は健康診断を受けるのが望ましいです。

わんちゃんねこちゃんは7歳頃から、人間でいう壮年期(40歳代)にさしかかってきます。

大型犬の子は、小型犬の子に比べて歳をとるのが少し早いです。

なのでこの頃から食事やお散歩の見直しや、小さな変化を見逃さずに健康管理をしてあげてください。

老化だと思っていた仕草が、実は病気のサインであることもあります。健康そうに見えても、ゆっくりと病気が進行し始めている場合もあります。

病気に早く気付いてあげるためには、ペットドック(健康診断)を受けるのが最良なんですね。

 

《ペットドックの流れ》

①電話で予約する

②朝ご飯を抜いて来院

③検査(病院がお昼休み時間の間に検査を行います)

④午後15:30以降にお迎え。結果のご説明

となります。

 

 

実際ペットドックを受けられた患者様は、特に高齢の子のほとんどが何らかの疾患あるいは、予備軍に引っかかっていました。

昨年ペットドックを受けられた患者様の例をご紹介します。

 

 

 

病気が悪化し手遅れになる前に、薬の服用や、食事療法、生活習慣を見直すことで、予防や進行を遅らせることもできます。

人間と一緒で早期発見早期治療がとても大事です。

お得なキャンペーン中のこの機会に、ペットドックを受けられることを是非お勧めします。(^-^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2020年1月5日更新