スタッフ紹介

みなさんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

本格的に梅雨が始まりましたね。

近所の公園にピンク色の紫陽花が咲いていました。

昔学校の先生が「土壌が酸性だったら青色、アルカリ性だったらピンク色の紫陽花が咲くんだよ」とかいう話をしていたなあ、と思い出していました。

 

 

さて、梅雨の時期になると増えてくるのが、外耳炎や皮膚のかゆみで来院されるわんちゃんです。

お耳の中や皮膚が弱いわんちゃんで、冬の間は良かったけれど最近また調子がよくないな、と思い当たることはありませんか?

 

なぜこの時期に増えてくるのかというと、冬の間乾燥していたお耳の中や皮膚が、梅雨の湿気の多い季節になると蒸れてじゅくじゅくしやすくなるためです。

 

外耳炎は、垂れ耳の子や耳の中に毛がたくさん生えていて蒸れやすいわんちゃんに多く見られます。

シーズーやフレンチブルドッグ、プードルの子は特に多い気がします。もちろん他の犬種の子でもよく見られます。

 

外耳炎は、放っておくと異臭とともにどんどんひどくなり、耳の穴が塞がってしまいます。

そうなる前に、定期的に通院してお耳掃除をしなくてはなりません(お耳の中に薬液を入れて洗浄します)。

症状が軽ければ、ご自宅で洗浄液で拭いてあげることも可能です。お耳に付けるお薬もあります。

 

元々お耳の中がじゅくじゅくする子は体質なので、治すというよりも定期的にお耳掃除をしてうまく付き合っていく、ということがほとんどです。

 

 

予防注射など他のことで来院されたわんちゃんで、お耳を診てみると『外耳炎になってますね、お耳を洗浄しておきましょう』

というケースもよくあります。お耳の中は意外と気付きにくいのかもしれませんね。

 

耳の中が臭う、わんちゃんがお耳をよく掻く時は、外耳炎かもしれません。

お耳の中を覗いてチェックしてあげてみてください。

 

 

 

 

 

今日はもう一つ、本のご紹介です。

『今日もゆくねこ』とういう本で、行橋市にある動物病院さんが作られているそうです。

イラスト入りでほのぼのとした猫カフェでの日常がつづってあります。

面白いことやなるほど~と思うことがたくさん詰まった読み応えのある本でした。

当院の本棚に飾ってありますので、ぜひ手に取ってみられてくださいね。(=^・^=)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2018年6月11日更新

みなさんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

少し前になりますが、連休中に糸島の方まで足を延ばしてみました。

海がとてもきれいでした。

 

糸島はおもしろい所がいっぱいあるようなので、またいつか探索しに行ってみようと思います。(*´▽`*)♪

 

 

 

今日は、わんちゃんねこちゃんの投薬を補助してくれるちゅーるのご紹介です。

お薬を飲ませる時、ごはんに混ぜたり、おやつに埋め込んだりくるんだり、、と皆さんいろいろと試行錯誤されているようです。

お薬だけ上手に吐き出します、猫ちゃんはなかなか難しいです、と言うお声をよく聞きます。

 

 

投薬用ちゅーるを開けてみると、市販のちゅーるよりも粘性があり、お薬を包みやすいようになっています。

 

 

スプーンですくって逆さまにしても、落ちてきません。

 

このようにして、錠剤と一緒に食べさせたり、粉薬やシロップと混ぜてあげても。やり方はいろいろです。

 

 

今まで使用された患者様からは、わんちゃんもねこちゃんも好評です。

わんちゃんはとりささみ味、ねこちゃんはまぐろ味です。

投薬に苦戦されている方はぜひ一度試されてみてくださいね。

 

 

ちゅーるなどのねばねばしたものを毎日長期的に食べさせていると、歯にこびりついてしまうため歯周病の原因になります。

なのでおやつとして頻繁に与えることはお勧めしませんが、やむを得ない投薬の場合は仕様がないのかなと思います。

また、お薬を飲む時だけの特別な美味しいおやつ、としてとっておくのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2018年6月1日更新

みなさんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

桜が散ると同時に、あちらこちらで木々が芽吹き新緑のまぶしい季節になりましたね。

病院前のオリーブの木も、新芽がたくさん伸びてきました。

 

予防シーズンが始まり、院内でも混み合うことが増えてきました。

ご来院の際は、お時間に余裕を持って来られることをお勧めします。

 

 

 

さて、今日は新しくデンタルケア商品を入荷したのでご紹介します。

ビルバックのデンタルガムです。

上から順に、

◍ビルバックチュウ

こちらは原料に牛皮を使用。より硬く噛み応えが続きます。おいしいチキン味です。

 

◍ベジタルチュウエクストラ

◍ベジタルチュウ(エクストラの小サイズ)

こちらの2つは大豆、米、コーンの植物由来の原料で作られています。

 

ラクトペルオキシダーゼとグルコースオキシダーゼという2つの酵素が、口臭や歯周病菌の繁殖を抑制してくれるデンタルガムです。

硬いものを噛んで、物理的に歯垢をそぎ落とす効果もあります。

しっかり噛んだあとはおいしく食べられるので、おやつがわりにもおすすめです。

 

 

 

 

こちらは人の歯ブラシでおなじみのライオンの製品です。

 

左から順に、

◍極細歯ブラシ(猫ちゃんや超小型犬用)

◍オーラルスプレー

◍デンタルジェル(犬・猫用。チキンフレーバー、グリーンアップルフレーバー、フレッシュリーフフレーバー)

今まで置いていなかったネコちゃん用の歯ブラシやデンタルジェルも揃えました。

 

ワンちゃんもそうですが、高齢ネコちゃんで歯周病に悩まされて来院される方がとても多いです。

ネコちゃんの歯みがきはなかなか難しいかもしれませんが、できる限り子供の頃から歯みがきに慣れさせて、歯周病を予防できればと思います。

ワンちゃんもネコちゃんも、一緒にデンタルケアを頑張りましょう!\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2018年4月23日更新

はじめまして!

動物看護師の奥野 綾です。

 

小さい頃から、動物に囲まれ動物の温かさや優しさに触れながら育ったので、

動物がとてもとても大好きです。

なので、小さい頃から動物を助けるお仕事に関わりたいと思ってきました。

 

皆さんの大切な家族である動物たちの健康を一緒にサポートできるように

精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2018年4月2日更新

皆さんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

お散歩がてら来院された患者様と、「今日は暖かいですね。」とお話しすることが増えてきました。

かと思えばまた寒さが戻ってきたりと、不安定な気候が続いていますね。

寒暖の差が激しいと、人も動物も体調を崩しやすくなります。皆さまも体調管理にはお気を付けください。

 

 

3月で開院してから二年が経ちました。

あっという間に二年が過ぎたように感じます。

振り返ってみると、本当にいろんなことや、出会い、別れもありました。

私どもが順調に二周年を迎えられたのも、患者様や応援してくださる周りの方々のおかげなのだと心から思います。

感謝の気持ちを忘れず、これからも患者様のために誠心誠意尽くして参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

患者様から素敵なお祝いをいただきました。

お心遣いありがとうございました。(^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2018年3月5日更新

みなさんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

窓の外では雪が舞っています。交通機関にも影響が出ており心配ですね。

例年にない寒波に見舞われ、春の訪れはまだまだ先のようです。

 

先日患者様からお花をいただきました。

お花の香りに癒されています。ありがとうございました。(^-^)

 

 

さて、冬の時期になると増えてくるのが、猫ちゃんの尿路疾患(膀胱炎、尿路感染症、尿石症などの病気)です。

わんちゃんでも見られますが、猫ちゃんがダントツに多いです。

この時期は毎月必ずと言っていいほど、尿路疾患の猫ちゃんが来院されています。冬場だけでなく年中多いようにも感じますが、特に冬場は多いです。

 

 

なぜ冬になると尿路疾患になりやすいかというと、寒くなるとお水を飲む量が減って尿が濃くなり結石ができやすくなる(結晶化しやすい)ためです。

 

また、冬場に限らず猫ちゃんはとてもデリケートで、ちょっとしたことでもストレスとなり、尿路疾患を引き起こしやすいのです。長期のお留守番、お引越し、家族が増えた、来客、工事の騒音などなど、ストレスの原因は様々です。

 

結石が尿道に詰まってしまうと、命の危険にさらされることもあります。

尿道にカテーテルを通した状態で入院しなければなりませんし、それでも改善しない場合は手術になります。

結石は放っておくとだんだん大きくなってしまうため外科手術により取り除きます。

入院や手術になるととても大変ですので、そうなる前に早期発見・早期治療が大切です。

 

 

 

そこで、みなさんに気を付けていただきたいことは、

頻尿(何度もトイレに行く)、排尿時に痛そうに鳴く、おしっこが一日中出ない、いつもと違う所でおしっこをする、血尿、嘔吐、ぐったりするなどの症状が見られたら、様子を見ないですぐさま病院へ行くようにしましょう。

 

 

また、膀胱炎や尿石症は一度かかると再発がとても多く、やっかいな病気です。

「毎年この時期になるんです。」という患者様もいらっしゃいます。

なので、再発を防ぐためにも次のことに気を付けてあげてください。

 

◎食事とおやつの見直し

・尿路疾患用の療法食を与える。(ごはんを元に戻すと再発しました、、よく見られるケースです)

煮干し、かつおぶし、のりは与えない(結石の材料となるマグネシウムやリン、カルシウムを含むため)

◎トイレの環境を良くする

・こまめに掃除する。

・落ち着いておしっこができるように、広くてオープンなトイレにしましょう。

・多頭飼いの子はトイレの数を増やしてあげる。

◎お水をたくさん飲むよう工夫する

・立ち寄りやすい静かな場所に、数カ所お水を置く。

・猫ちゃんは新鮮なお水が好きです

・陶器のお皿も好きな傾向にあります

◎ストレスのない環境を

・ストレスの原因になるものがないか、生活環境を見直してみましょう。

◎太りすぎに注意

・肥満な子は運動量も少なく、お水を飲む量が減り、結石ができやすくなります。

 

 

長くなりましたが、猫ちゃんの尿路疾患は本当に多いですので、日頃から気にかけてあげてくださいね。(=^・・^=)

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、井尻駅近くにある『アニーカフェ』さんへランチに行きました。http://www.anny-cafe.com/

特に、絶品カルボナーラと、窯で焼いたマルゲリータがものすごく美味しかったです!

リーズナブルで、ベビーチェアやソファ席もあって、お子さん連れでも行きやすいお店です。

また行こうと思います。(*´▽`*)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2018年2月6日更新

 

新年明けましておめでとうございます。

本年も皆さまのご多幸をお祈りいたします。

 

 

今年の元旦はお天気が良くて、朗らかな年明けでしたね。皆さまもゆっくり過ごされたでしょうか。

私たちは地元で賑やかなお正月を迎えることができました。

 

2018年は、開院して二周年を迎えるにあたり初心を忘れず、患者様お一人々丁寧に、真心を込めた診療を今年も行いたいと思います。さらに、レベルアップした獣医療とサービスを提供することを目指します。

 

スタッフ一同頑張っていきますので、本年もよろしくお願いいたします。

 

なお、新年は1月4日から通常診療しております。

 

 

 

 

 

当院の猫ちゃんは全身真っ黒なので、丸まって眠っているとどこが顔なのか手なのかわからず、不思議な物体に見えます。(^^;)

 

 

丸まって気持ちよさそうに眠っている姿を見ると、幸せな気分になりますね。(´ー`)

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合せください。

2018年1月6日更新

みなさんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

今年も残すところ後わずか、みなさんはどんな一年を過ごされたでしょうか。

 

年内の診療は本日まで、新年は4日からの診療となります。

 

12月30日(土) 通常診療

12月31日(日) 休診

1月1日(月)   休診

1月2日(火)   休診

1月3日(水)   休診

1月4日(木)  通常診療

 

休診日、不在時であっても院長携帯電話へ転送で繋がるようにしておりますので、ご用の際は一度お電話ください。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

先日患者様から素敵な手作りのチャームをいただきました。よく見ると猫ちゃんがいます。

早速院内に飾らせていただきました。ありがとうございました。(^-^)

 

 

 

 

今年もたくさんの患者様と出会い、喜びを分かち合い、時には悩みつまづき、感謝のお言葉もたくさんいただきました。

 

あっという間の一年でしたが、学ぶことの多かった一年のように感じます。こうして無事に一年を締めくくることができるのも、患者様やその他支えてくださった方々のおかげだと思っています。皆様に心から感謝いたします。

 

どうぞ皆様良いお年をお過ごしください。来年もまた、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合せください。

2017年12月30日更新

みなさんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

先日佐賀のバルーンフェスタへちょこっとだけ行って来ました。

青空いっぱいに広がるバルーンがとてもきれいでした。

 

 

今朝は吐く息が白くなり、急に冬がやってきましたね。

全国的にもぐっと気温が下がり冷え込むようです。風邪などひかれませんようお気を付けください。

 

 

 

 

よく患者様から「この子の適正体重はどれぐらいですか?」「うちの子は太りすぎですか?」とご質問されることがあるので、今日は適正体重についてお話したいと思います。

 

私たちがワンちゃんネコちゃんたちの適正体重を判断するときは、ざっくり言うと脂肪の付き具合を触って、太りすぎか痩せていないかを判断しています。

 

肋骨のあたりを触ると、薄い脂肪の下に肋骨がかすかに触れてわかるぐらいで、かつ上から見たときにウエストのくびれがわかるぐらい、がベストです。

肋骨が触ってもわからないぐらい脂肪がついていて、ウエストにくびれがない状態は太りすぎです。

逆に皮下脂肪がなく、肋骨が浮き出ているのは痩せすぎです。

 

これならご自宅でも、だいたい太りすぎかそうでないかの判断はできそうですよね。

また、定期的に体重を測ってみて適正体重を把握しておくのも良いと思います。

ご自宅であれば、ワンちゃんネコちゃんを抱っこしたままヒト用の体重計に乗り、その後ヒトの体重を差し引いて計算すれば体重が測れます。もちろん当院へ体重を測りに来ていただいても構いません。(^-^)

 

 

人間と同じで、ワンちゃんネコちゃんも太りすぎや痩せすぎは健康によくないばかりか、様々な病気にかかりやすくなります。

痩せすぎよりも、太りすぎな子が多い傾向にあるように感じます。

太りすぎると、体重を支えきれず関節や腰を痛める、心臓に負担をかけてしまう、糖尿病などの原因になることがあります。

 

では、なぜ太ってしまうのでしょうか。

体質や避妊去勢手術後に太りやすくなるのももちろんですが、一番は食生活と適度な運動です。

ワンちゃんネコちゃんたちは、自分で食べる物や量を決めていないですよね。飼い主様が選んだ食べ物を与えられた分だけ食べています。

つまり、飼い主様次第で体重コントロールができるということです。

 

可愛さのあまり、フードやおやつをたくさん与えてしまったり、人間の食事を与えてしまうなど偏った食生活によって不健康になってしまっては、本も子もないですよね。

なるべく基本はドライフードを、もちろんバランスがとれていれば手作りのご飯でも良いかと思います。

手作りされるときは、脂身の多い牛豚肉は避けて、鶏の胸肉やササミ、お野菜、穀類、イモ類等をバランスよく摂りましょう。

おやつやヒトの食べ物も、ごくたまに少量であれば問題ないと思います。

 

太り気味の場合は、フードの量を見直してみたり、ダイエット用のフードに切り替えてみましょう。

 

ワンちゃんネコちゃんの食生活と体重管理は、飼い主様の手にかかっています。

食生活と体重管理は、飼い主様だけが与えることのできる健康で長生きするための最高のプレゼントかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2017年11月19日更新

みなさんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

 

朝晩涼しくなり、過ごしやすくなってきましたね。

鈴虫の鳴き声が聴こえ、コンビニにおでんが並ぶようになり、少しずつ夏の終わりを感じるようになりました。

 

 

先日患者様からお花をいただきました。

とてもきれいで癒されています。早速院内に飾らせていただきました。

ありがとうございました。(^-^)

 

 

 

 

さて、今日はマダニについてお話したいと思います。

今年は、ヒトがマダニに噛まれてSFTS(重症熱性血小板減少症候群)に感染し死亡したというニュースを頻繁に耳にしました。

一番驚いたのは、今年7月、野良猫に咬まれてSFTSを発症したとみられる女性が昨夏に死亡していたというニュースでした。

動物を媒介してヒトにも感染する可能性があるということで、わんちゃんねこちゃんを飼われている皆さんにお伝えしたいことは、

 

・ノミ・マダニ予防薬を毎月きちんと付けること。

 

・マダニの活動は春と秋が盛んになります!今の時期もしっかり予防しましょう。

 

・猫ちゃんはできる限りお外へ出さないようにしましょう。外出自由な子は予防薬を付けましょう。

 

・お散歩から帰って来たら、マダニが付いていないチェックしてみましょう。

 

 

 

マダニは、イエダニのような微小ダニとは異なり、およそ1mmの何とか目に見えるサイズ(幼ダニ)から3~4mmの大きさ(成ダニ)です。

公園や河原の草むらや木の枝、落ち葉の裏などに潜んでいて、ヒトや動物にくっついて吸血します。

吸血する際に、マダニは様々な病原体を媒介します。

ヒトがマダニに咬まれると、SFTS、ダニ媒介脳炎、日本紅斑熱、ライム病などに感染する恐れがあります。

ただ、すべてのマダニがこれらの病原体を持っているわけではなく、例えばSFTSウィルスを持っているマダニに咬まれた場合は、感染して死亡するケースもあるのだそうです。

わんちゃんねこちゃんがマダニに咬まれると、貧血、皮膚炎、犬バベシア症などに感染する恐れがあります。

 

 

 

 

また、ペット保険会社のアイペットが、犬猫の飼い主に実施したアンケート結果では、『ペットがマダニに咬まれた経験がある』と答えた飼い主は、560人中56人。

咬まれた割合をペットの種別でみると、犬14.3%、猫5.7%。

咬まれたと思われる場所は、『公園や草むらを歩いているとき』が最も多かった、という記事を見ました。

お散歩から帰って来たら、耳や頭、目のまわり、お腹、足の指の間、背中、しっぽなどをチェックしてみてくださいね。

 

もしマダニに咬まれた場合は、マダニのくちばしががっちり皮膚に刺さっているので、無理やり自分で取り払わずに速やかに病院へ行き、適切な処置を受けるようにしましょう。

 

 

 

まずは、正しい知識を持つことと予防が大事だと思います。これからの季節、お散歩や山へ行かれる機会も多いかと思います。

秋も気を抜かずにノミ・マダニ予防をしましょうね。

 

予防薬は、首に垂らすスポットタイプ、錠剤、チュアブルタイプを取り扱っています。いつでもお尋ねください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2017年9月19日更新