スタッフ紹介

みなさんこんにちは。

動物看護士の山本です。

 

春のような陽気な日もあれば、また急に寒くなったりと、三寒四温の日々が続いていますね。

日没もだんだんと遅くなり、少しずつ春の訪れが近づいています。

 

私事ですが、先日軽度の食中毒にかかり大変な目に合いました。

寒いからとすぐに冷蔵庫に入れなかった二日越しのカレーが原因だったようで。。

嘔吐、下痢、発熱、全身の痺れ、頭痛、腹痛に苦しめられました。病気の方の気持ちが痛いほどわかった二日間でした。(;´Д`)

病気のわんちゃんねこちゃんも、温めてほしい、そっとしておいてほしい、柔らかな毛布にくるまりたい、などと思っているのかもしれないなあと考えたりしました。

 

 

 

さて、猫ちゃんの病気で群を抜いて多いのが(よく診察に来られる病気の一つに)、慢性腎臓病があります。

年をとるにつれて、多くの猫ちゃんは腎臓の機能が低下していきます。

慢性腎臓病は、とくに7歳以上の中高齢の猫ちゃんによくみられる病気と言われています。

この病気は、徐々に腎臓の機能が失われていく病気で、一度かかると完全に治すことはできません。

 

 

はっきりとした症状がすぐには出ず、静かに進行していくため、とても気づきにくい病気です。

腎臓病を疑う症状が出てきたときには、腎臓の機能の70%以上が失われていることも多く、もっと早く気付いてあげればよかった。。というケースがよくみられます。

完全に治すことはできなくても、治療によって残された腎臓の機能を守り、病気の進行を遅らせることはできます早期発見が大事です!

 

 

高齢になったせいかな?と病気のサインを見逃してはいないでしょうか?

 

お水をよく飲む、おしっこの回数が増えた、やせてきた、毛並みが悪くなった、うんちが硬くなってきた、嘔吐

などの症状が見られたときは、慢性腎臓病にかかっているかもしれません。

 

このような症状がみられた場合は、なるべく早く受診されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2017年2月28日更新

こんにちは。

動物看護師の山本です。

 

 

風は冷たいですが、陽ざしはポカポカ温かく、病院の猫たちもひなたぼっこをして気持ちよさそうにしています。=^_^=

 

ファイル 2017-02-16 10 49 29

 

 

 

先日、くま動物病院さんからお花をいただきました。

院内がとても華やかになりましたよ。ありがとうございました。

 

ファイル 2017-02-03 9 59 55

 

 

 

ペットドックのキャンペーン終了間近ということもあり、ご予約される方が増えています。

ご予約はお早めにどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2017年2月16日更新

みなさんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

 

寒暖の差が激しく、おかしな気候が続いていますね。周りでもマスク姿の方をよく見かけます。

体調を壊さないように元気に冬を乗り超えましょう。

 

 

院内の猫さんたちは、二匹ともおばあさん猫なので一日中丸くなって寝ています。(˘ω˘)・゜・。

ファイル 2017-01-31 9 27 21

 

 

 

 

さて、昨年8月から始まったペットドック割引キャンペーンが、3月31日で終了となります。

通常料金の40%割引ですので、これはかなりお得です!!

 

人間も『一年に一回は人間ドック(健康診断)を受けましょう』と言われますよね。

それと同じで、わんちゃんねこちゃんも一年に一回は健康診断を受けるのが望ましいです。

 

わんちゃんねこちゃんは7歳頃から、人間でいう壮年期(40歳代)にさしかかってきます。

なのでこの頃から食事やお散歩の見直しや、小さな変化を見逃さずに健康管理をしてあげてください。

老化だと思っていた仕草が、実は病気のサインであることもあります。健康そうに見えても、ゆっくりと病気が進行し始めている場合もあります。

病気に早く気付いてあげるためには、ペットドック(健康診断)を受けるのが最良なんですね。

 

 

 

『ペットドックってどんなことをするの?』というご質問にお答えしたいと思います。

流れとしては、、

①電話で予約する

②朝ご飯を抜いて来院

③検査(病院がお昼休み時間の間に検査を行います)

④午後15:30以降にお迎え。結果のご説明

 

となります。

 

検査内容は、血液検査、レントゲン、糞便検査、尿検査、さらにコースによって、腹部エコー、心臓エコー、心電図などが追加できます。

 

 

 

 

 

実際ペットドックを受けられた患者様は、特に高齢の子のほとんどが何らかの疾患あるいは、予備軍に引っかかっていました。

それらが悪化し手遅れになる前に、食事療法や生活習慣を見直すことで、予防や病気の進行を遅らせることもできます。人間と一緒で早期発見早期治療が大事なんですね。

お得なキャンペーン中のこの機会に、ペットドックをぜひ受けてみませんか?

 

 

omote

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

 

 

 

 

 

2017年2月2日更新

みなさんこんにちは。

 

動物看護師の山本です。

 

 

先週から大寒波に見舞われ、寒い日が続いていますね。

入院中の秋田犬のわんちゃんとお散歩へ行くと、さすが秋田犬、雪の上を楽しそうにさくさくと歩いていました。

お散歩帰りに診察に来られたわんちゃんも、脚にいっぱい雪の塊を付けて来ていました。わんちゃんたちは寒さに強いんですね。

学校でもインフルエンザが出始めています。みなさんも風邪などひかれないようご注意ください。

 

 

ファイル 2017-01-25 11 17 30

 

 

 

今週待ちに待った分包機がやっと病院に届きました。今までは手分包(お薬を手作業で袋に入れていく)でしていたため、とても時間がかかっていました。分包機のおかげであっという間に薬が分包できるので、これさえあれば百人力です!これで患者様をお待たせする時間が短縮されると思います。

ファイル 2017-01-20 16 07 05

 

 

さて、本題に入ります。

わんちゃんのお洋服を入荷しました。

ハンドメイドで、ウール(羊毛)100%の贅沢な布地で作り上げました。化学繊維が入っていないので、静電気も起きにくくとても温かいです。

ほとんどのお洋服が化学繊維を使用されているので、ウール100%は珍しいと思います。

ファイル 2017-01-20 11 14 47

サイズは大きめと小さめの2種類あります。大きめサイズで胴回りが60cmくらいです。写真のモデルのわんちゃんが着ているのは、大き目サイズです。

色は、ブルーとブラウンのチェックです。限定4着、残り3着です。ご試着もできますので、受付にお申し付けください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合せください。

 

 

 

2017年1月25日更新

 

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

本年も皆さまのご多幸をお祈りいたします。

 

 

今年の元旦はお天気が良くて、暖かなお正月でしたね。皆さまもゆっくり過ごされたでしょうか。

年末は幸い入院の子がいなかったため、私たちは地元で賑やかなお正月を迎えることができました。

 

 

昨年はあっという間に過ぎてしまったので、2017年は、一人ひとりの患者様へ掘り下げてより丁寧な診察を行い、さらに充実した獣医療とサービスを提供していきたいと思います。

スタッフ一同頑張っていきますので、本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-10-16-12-38

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の愛猫たちです。(=^・^=)

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合せください。

 

2017年1月12日更新

こんにちは。

動物看護師の山本です。

 

 

早いもので、もう師走ですね。

朝から吐く息も白くなり、ぐんと寒くなりました。

冬の空は空気が澄み渡り、お散歩中も清々しいですね。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-12-07-9-39-22

 

イチョウの葉もきれいに色付いていました。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-12-08-13-18-47

 

 

先日、「キシリトールガムを食べたかもしれません。様子がおかしい。」というわんちゃんが来院されました。

ガムが床に落ちていたそうで、実際に食べたどうかはわからないとのことでした。

 

キシリトールは、わんちゃんにとっては有害な成分で中毒症状を起こすこともある危険な食べ物です。

わんちゃんがキシリトールを摂取すると、血糖値が急激に下がり低血糖を起こしてしまいます。

そうすると、嘔吐、痙攣、虚脱により動かなくなる、などの症状がみられ、肝機能に障害が起きたり、

最悪の場合命を落とすこともあります。

キシリトールガムやキシリトールを含む食べ物は与えないようにしましょう。

 

 

先月、お散歩中に道端に落ちていた毒入りソーセージを食べてしまったわんちゃんが亡くなるという痛ましい事件がありましたね。

 

お散歩中の拾い喰いや、自宅のテーブルの上・かばんの中・ゴミ箱のなどわんちゃんの鼻先が届くところには気を配ることや、ご家族以外の方が誤って与えてしまうこともあり得ますので、日頃から気を付けるようにしましょう。

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方はお気軽にご相談ください。

2016年12月8日更新

こんにちは。

動物看護士の山本です。

 

朝晩冷え込むようになり、秋の訪れも束の間、冬の訪れを感じるようになりましたね。

お散歩をしていると、とても気持ちの良い季節になりました。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-28-16-37-41

 

さて、院内に「わんちゃんねこちゃんに食べさせてはいけないもの」を掲示しているのですが、

「え!これ食べさせたらいけないんですか?知らなかった!!」というお声をよく耳にします。

 

 

そこで今日は、食べさせてはいけないものについてお伝えしたいと思います。

 

◎ネギ・ネギ・ニンニク・ニラ(赤血球をこわす物質が含まれるため。ハンバーグなども与えないでください)

◎ぶどう・レーズン(急性腎不全、中毒症状を起こす恐れがある)

◎チョコレート・ココア(カカオに中毒を起こす物質をが含まれるため)

◎ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類(油分、マグネシウム、カリウム、リンを含み、過剰摂取により疾患を起こすおそれがある)

◎肉だけの食事(肉だけを与えると、リンとカルシウムのバランスが悪い)

◎生魚(ビタミンB1分解酵素等が含まれふらつきなどを起こす)

◎煮干し・海苔(マグネシウムなどのミネラルを含み尿路結石・膀胱炎等を発症しやすくなる)

◎卵の卵白(ビオチン欠乏症を引き起こし、皮膚疾患を発症する。全卵で摂取すれば欠乏症は起こらない)

◎スルメ(胃内で水分を含んで10倍以上にも膨らむ)

◎動物の骨など(消化管に刺さったり傷つく)

◎牛乳(下痢をすることがある)

 

 

 

上記のものは与えないようにしましょう。でも、ちょっと目を離した隙に食べてしまった!なんてことよくありますよね。

万が一食べてしまった場合は、すぐに病院にご連絡いただき獣医師の指示を仰いでください。

 

 

 

2016年11月17日更新

みなさんこんにちは。

動物看護士の山本です。

 

 

デンタルケアグッズを入荷しましたのでお知らせします。

 

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-15-10-14-00%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-16-10-50-02

 

左から、動物専用歯ブラシ、デンタルバイオ(口臭を抑えるタブレットです)、歯みがきシート(歯ブラシが苦手な子に)、歯みがきペースト(おいしいチキン味)。

右写真:歯みがきガム。

 

 

歯みがきをしましょう!と薦められるようになったのはここ最近のような気がします。

昔はそんなに言われてなかったですよね。

なので老犬の子たちで、歯石がびっしりとこびりついていたり、

口臭、歯周病、顔腫れ、口鼻瘻管(こうびろうかん:上顎の骨が溶けて鼻と貫通してしまう症状、くしゃみや鼻血が出たりします)がよく見られます。

全身麻酔下での処置が必要になってしまうこともあります。

 

 

歯周病菌は、お口のなかだけでなく心臓や腎臓など体のなかにまで悪さをすることもあります。

また、見えている歯はきれいでも、外から見えない歯肉の中で進行していることもある厄介な病気です。

なので、できるだけ子どもの頃からお口に触ることに慣れさせ、歯みがきができるようにしておきたいですね。

 

歯磨きは歯ブラシを使うのがベストですが、ブラシを嫌がってしまう子も多いです。

その場合は歯磨きシートを指に装着して磨いたり、専用のガムを噛んでもらうと、完ぺきではありませんが歯垢を取り除くことができます。

 

院内では歯みがきのコツなどもお伝えしておりますので、お気軽にお尋ねください。

わんちゃんねこちゃんの歯みがき、一緒にがんばりましょう。

2016年9月24日更新

みなさんこんにちは。

動物看護士の山本です。

朝晩涼しくなり、少しずつ秋の訪れを感じるようになってきましたね。

 

先月柳川花火大会へ行って来ました。

写真は小さいですが、ラストの横一列に並んだ花火が一斉に上がるのは圧巻でした!

混雑する中脚を運んだ甲斐がありました。夏の良い思い出ができました。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-09-11-40-32

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-09-11-40-00

 

先週おしっこが詰まってしまい入院していた猫ちゃんが元気に退院して行かれました。

点滴をしたり、カテーテルでおしっこを出したりと、数日入院して頑張っていました。

 

今週も腫瘍摘出手術をしたわんちゃんが元気に帰って行かれました。

怖がりさんでしたが、優しく励ましながらとても頑張っていました。

人見知りする子だったのが、帰るころには少し慣れてくれて嬉しかったです。

 

 

たくさんの子たちが入退院をされていきますが、退院を喜ぶ笑顔、時には涙するご家族の姿や、嬉しくてずっと鳴いているわんちゃんねこちゃんの姿を見ると、胸が熱くなります。

と同時に、この仕事に就いて良かったなあと思う瞬間でもあります。

 

これからも患者様と大切なご家族のために、精一杯尽くしていきます。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

2016年9月15日更新

はじめまして。

動物看護士の山本です。

 

私は子どもの頃から動物が大好きで、小さいころの夢は「どうぶつのおいしゃさん」でした。

大学を卒業してからは、動物に携わる仕事に就いてきましたが、今年念願かなって動物病院を開業することになりました。

私自身は動物のお医者さんではありませんが、獣医療に携わるという夢が叶い、とても嬉しいです。

また、めぐりめぐってこのような形で小さい頃の夢が実現したので、運命や巡り合わせってあるのだなあと感じました。

 

 

わんちゃんねこちゃんは、患者様の大切な家族の一員です。

体調不良の子のために毎日通院される患者様や、毎日の体調日記を付けて持参してくださり一緒に投薬プランを話し合う患者様など、わんちゃんねこちゃんに対する一生懸命なお姿を見るたびに、私もお役に立ちたいと心から思います。

 

 

わんちゃんねこちゃんは「ここが痛いんだよ」と話すことができません。

なので、表情、鳴き声、体位、しぐさなどからどんな気持ちでいるのか、しっかり読み取るように努めています。

入院中のわんちゃんねこちゃんが、おびえていないか、寂しがっていないか、できる限りその気持ちに寄り添いお世話をするよう心がけています。

入院初日は警戒していた子たちが少しずつ心を開いてくれたとき、ご家族が喜ばれるお姿を見たとき、お散歩がてら「だいぶ良くなりましたよ」とお声をかけてくださったとき、この上ないやりがいと喜びを感じています。

 

 

 

夫婦二人で営む小さな病院ですが、来院された患者様たちがココロもカラダも元気になって、笑顔で帰ってくださるような、アットホームな病院を目指しています。

最善の獣医療とサービスをみなさまへ提供していけるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

2016年9月12日更新