新着情報

みなさんこんにちは。

院長の山本です。

 

急に寒くなり、下痢をしていますという子や、季節の変わり目で体調を崩して来院される子がよくいらっしゃいます。

体調管理にはくれぐれもお気を付けください。下痢が2~3日経っても治まらない場合は早めに受診されてくださいね。

 

 

 

 

年末年始のスケジュールをお知らせいたします。

 

12月27日(水) 休診

12月28日(木) 通常診療

12月29日(金) 通常診療

12月30日(土) 通常診療

12月31日(日) 休診

1月1日(月)   休診

1月2日(火)   休診

1月3日(水)   休診

1月4日(木)  通常診療

 

 

お薬やフードが必要な方は、お忘れないよう早めにご来院ください。

休診日、不在時であっても院長携帯電話へ転送で繋がるようにしておりますので、ご用の際は一度お電話ください。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合せください。

2017年12月1日更新

みなさんこんにちは。

動物看護師の山本です。

 

 

11月に入って急に寒くなりましたね。当院でも暖房と加湿器を入れるようになりました。

しかし朝晩はぐっと冷え込むようになったものの日中は暑く、体調を崩されている方も多いのではないでしょうか。

今年も残すところ一ヶ月半余り、体調管理に気を付けて元気に過ごしましょう。

 

 

さて、2018年度カレンダーの配布を始めました。先着100名様にお配りしています。

中身はこんな感じです。

 

 

 

 

 

あっという間になくなってしまうので、お早目にどうぞ。(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2017年11月9日更新

 

仔猫ちゃんの里親さん募集のお知らせです。

 

推定3か月齢、雌、当院にてフィラリア症・ノミ・ダニ・回虫駆除済み、元気な仔猫ちゃんです。

とても人なつっこく、抱っこが大好きで甘えん坊さんです。

 

 

 

この子の里親さんになっていただける方がいらっしゃいましたら、当院までご連絡ください。

よろしくお願いします。

 

 

 

————————————————————————————————————————————–

<連絡先>

まとばフォレスト動物病院(☎:092-571-7412)

————————————————————————————————————————————–

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2017年10月6日更新

 

猫ちゃんの里親さん募集のお知らせです。

 

雌、年齢不明ですが元気で人なつっこい猫ちゃんです。

アメリカンショートヘアのような毛色をしていて、とても可愛らしい子です。

捨てられていたところを保護されました。

 

 

 

 

 

 

この子の里親さんになっていただける方がいらっしゃいましたら、当院までご連絡ください。

よろしくお願いします。

 

 

 

————————————————————————————————————————————–

<連絡先>

まとばフォレスト動物病院(☎:092-571-7412)

————————————————————————————————————————————–

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2017年10月6日更新

シグワンの『ハミガキサプリ』を入荷しました。

使い方は、直接お口にスプレーしたり、ガーゼに染み込ませて磨いてあげたり、飲み水に入れて与えます。

フルボ酸エキス100%。防腐剤やアルコールなどの化学物質を一切使わない天然成分100%です。無味・無臭。

ミネラルやアミノ酸、有用な微生物を多く含むフルボ酸が、口内の菌の繁殖を抑える手助けをします。口臭予防にも。

歯みがきが苦手な子やねこちゃんにお勧めです。(^-^)/

 

 

 

 

今年も『どうぶつ愛護フェスティバルinふくがおか』が開催されます。

10月29日(日)、10時30分~15時30分、舞鶴公園にて開催されます。

 

 

長寿犬猫の表彰式、パピマシェによるライブ、動物博士〇✕クイズ、ペットの無料健康相談・しつけ相談・お手入れ体験、里親探し、スタンプラリー、ペットの撮影会、ペットグッズなどのフリーマーケットなどなど、イベントが盛りだくさんです。

 

 

 

 

ペットの子と一緒に、是非足を運ばれてみてください。

2017年10月6日更新

診察時間変更のお知らせです。

 

10月21日(土曜日)午前の診察を11:00までとさせていただきます。

 

午後の診察は通常通りです。(15:30~19:30)

 

ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

2017年10月2日更新

当院では一緒に働いてくれる動物看護師さんを募集しております。

 

人と動物が好きで熱意のあるかたなら経験等は問いません。

 

現在、獣医師1名・看護師1名で診療を行っています。

来年4月から1名の採用が決まっていますが、業務拡大のためもう1名を追加募集しています。

 

詳しくは求人案内のページをご覧いただくか、病院へ直接お電話ください。

 

 

2017年10月2日更新

 

猫ちゃんの里親さん募集のお知らせです。

 

前回里親さんを募集した北斗ちゃんと同じ界隈で保護された猫ちゃんです。

雌、避妊手術済み、当院にて糞便検査(マイナス)済み、年齢不明ですが若くて温厚な猫ちゃんです。

 

 

とても人なつっこく、抱っこが大好きでお膝に乗ってきて離れません。いつも足元にスリスリとすり寄って来てくれます。本当にノラ猫なの?と疑うほど人なつっこいです。

 

 

 

 

 

 

この子の里親さんになっていただける方がいらっしゃいましたら、当院までご連絡ください。

よろしくお願いします。

 

 

————————————————————————————————————————————–

<連絡先>

まとばフォレスト動物病院(☎:092-571-7412)

————————————————————————————————————————————–

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2017年10月2日更新

眼が開かない、赤い、かゆがる、シャンプーが目に入った、眼球に傷が付いている。

 

こんなときは、様子をみないですぐに受診されることをお勧めします。

 

眼の傷は進行が早く、一日放置しておいただけでも取り返しのつかないことになる恐れもあります。

 

 

 

こちらは、シャンプーの次の日に眼が開かないとのことで来院されたワンちゃんの眼の写真です。

 

 

まぶたや白目の部分が真っ赤に充血してしまっています。

 

角膜(眼の一番表面の透明な部分)に傷がないか調べるために特殊な色素で色を付けています。

 

角膜に傷があると黄緑色に染まります。

 

この子のようにきれいな丸に染まる時はシャンプーなどの液体成分が原因のことが多いです。

 

 

点眼から1週間後の様子です。

一週間ほどの点眼で染色しても色がつかなくなり、角膜の傷がふさがったことがわかります。

 

まぶたや白眼の部分の充血もなくなり、ぱっちりと眼を開けるようになりました。

 

この子のように傷が浅い場合は傷跡が残ることもほとんどありません。

 

 

 

このように眼の角膜の傷はできるだけ早く適切な治療をしてあげることが大切です。

 

もし角膜の傷を治療せずに時間がたってしまうとどのようになってしまうのでしょうか?

 

もちろん無治療で自然治癒することもまれにありますが、そうでない場合には傷がどんどん深くなって角膜に穴が開いてしまいます。

 

そうなると治療も長期間かかりますし、手術の必要性や失明してしまう可能性もあります。

 

 

 

下の写真は眼が赤くなっていたものの、ご自宅でしばらく様子を見られていた子のものです。

 

しばらく様子をみていたそうで、数日経ってから来院されました。

 

角膜全体が白く濁り、穴がより深くなっています。

 

また、穴の中心部には透明な膜のようなものが飛び出しているように見えます。

 

これは「デスメ膜瘤」とよばれ、角膜が穿孔する一歩手前の状態です。

 

治療を初めて2週間後の写真です。

 

角膜の穴が浅くなり、透明度が増しています。

 

この後もご家族が根気よく点眼を続けられ、傷跡は残ったものの、ほとんど元通りになりました。

 

 

 

 

 

こちらはまた別のわんちゃんですが、同じような症状で来院されました。

 

前の子と同様に角膜が白く濁り、白目の部分が真っ赤に充血しています。

 

しかし、この子の場合は目の中心にフィブリンと呼ばれる血液中の成分が付着しています。

 

指で眼を触診するとブヨブヨしており、完全に弾力を失っていました。

 

また、眼の中から眼房水と呼ばれるお水が漏れており、角膜が穿孔してしまっていました。

 

手術も検討しなければいけない状況ですが、ご家族のご希望もあり点眼による治療を行いました。

 

 

点眼開始から1週間後の写真です。

 

角膜の白い濁りが少なくなり透明度が増してきています。

 

まだ涙の量は多く眼の周りの毛が茶色く汚れてしまっています。

 

 

 

 

 

点眼開始から1ヶ月後の写真です。

 

 

傷が塞がり、きれいに回復しています。

 

眼の弾力や大きさも元にもどり、視力も回復してくれました。

 

ご主人様が、毎日10回近くの点眼を根気強くされ続けたおかげです。

 

「しばらく様子をみるんじゃなくて、すぐに病院に来んばやったね。」と飼い主様もおっしゃっていました。

 

 

お電話で「眼が赤くなっているが様子をみていいですか?」とのお問合せをいただくことが多いですが、

 

角膜に傷が入っていたり眼圧が上がっているような場合には早急な治療が必要ですので、すみやかにご来院ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2017年9月24日更新

 

先日募集をかけていた猫ちゃん(北斗ちゃん)の里親さんが、無事にみつかりました。

 

猫ちゃんを手厚く保護し一生懸命に里親探しをされた保護主様、猫ちゃんを家族に迎え入れてくださった里親さん、本当にありがとうございました。皆さまの温かい愛情に心から感謝しています。

 

北斗ちゃんの傷は、もしかしたら虐待の疑いもありいつまた同じ目に合うかもしれない状況であったため、無事に里親さんがみつかって本当に良かったです。

 

 

現在は顎のワイヤーも無事に取れて、回復も良好です。

久しぶりの再会に、ゴロゴロ喉を鳴らして喜んでくれました。

 

 

 

 

優しい里親さんがみつかって良かったね。

新しいご家族のもとで幸せに長生きしてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2017年8月21日更新