症例紹介

耳血腫とは、耳介(耳たぶ)の中に血液が溜まって、ぷっくりと膨らむ症状のことです。

 

わんちゃん猫ちゃんの耳たぶには、たくさんの細い血管が走っていますが、その血管が何らかの原因で破れることによって、このようにぱんぱんに血液が溜まってしまいます。

 

初めて見た方は、「え~!?お耳の中に血が溜まっているの?」と驚かれるかもしれませんね。

 

 

耳血腫を発症するきっかけは、もともとお耳に何らかの病気がある子(外耳炎やマラセチア症などの皮膚病、寄生虫等)が多いようです。

お耳がかゆくて、引っ掻く、頭を振る、こすりつけるなどの外部刺激により、血管が破れて血液が溜まります。

たれ耳のわんちゃんや、まれに猫ちゃんにも診られます。当院でも、ビーグル、フレンチ・ブルドッグや猫ちゃんに診られました。

 

 

 

耳血腫になった時の治療法です。

まずは、お耳の中の溜まった血液を、針を刺して注射器で抜きます。

細い針を使うので、その場ですぐにできます。少しわんちゃんには頑張ってじっとしておいてもらいます。

何回か繰り返します。

最後にお薬を注入します。

溜まった血液がなくなり、お耳がぺたんこに戻りました。よく頑張ってくれました!

何週間かすると再び溜まってくることが多いため、通院してもらいその都度血液を抜きます。

併せて内服薬も飲んでもらいます。

 

これで治ることもありますが、治らない場合は、全身麻酔下による手術を行います。

耳介に数か所穴を開けて、血液が溜まってしまう隙間を縫い合わせ、血液が溜まらないようにします。

抜糸するまでは、エリザベスカラーを着けて生活してもらいます。

 

この子の場合、耳血腫が完治した後も、再発防止のために外耳炎の治療(お耳掃除ですね)に定期的に通ってもらうことになりました。

その後のケアも大事です。

一度耳血腫になると再発することもあるため、日頃からお耳を気にしていないか見てあげて下さいね。

 

 

 

 

耳血腫は、どんなワンちゃんでもなりうるごくありふれた病気です。

お耳を掻く、お耳が臭うなどの症状が見られたら、一度病院でお耳を診てもらいましょう。

湿気の多いジメジメした今の時期は、お耳の中が蒸れてかゆくなりやすいです。

お耳を清潔に保つことが、耳血腫の予防になります。(^_^)/

 

また、ご自宅で綿棒によるお耳掃除は、耳垢を外耳の奥へ押し込んでしまったり、外耳を傷つけてしまったりと危険ですので、病院でしてもらいましょう。

お耳のホームケアは、コットンで優しく拭いてあげるくらいがいいと思います。

イヤークリーナーも販売しています。ご自宅でのお耳掃除の仕方もお教えしますので、気になる方はいつでもお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川市で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2020年6月29日更新

子宮蓄膿症とは、子宮内で細菌感染を起こし膿が溜まってしまう病気です。

 

昨日まではまだそこまで溜まっていなかった膿が、一晩で子宮内にパンパンに溜まってしまい、翌日には亡くなることもある恐ろしい病気です。

そのため、子宮蓄膿症と診断された場合は、緊急に子宮を取り除く手術をする必要があります。

膿が外部へ少しずつ出てくる開放型は内科療法を行うこともありますが、再発したり、治療が長引いてわんちゃんに負担をかけるよりは、早く子宮を摘出してあげた方が楽になる場合もあります。

 

おそらく当院が開院して以来、今までで一番手術数の多い病気ではないでしょうか。

ほぼ毎月、子宮蓄膿症のわんちゃんの手術をしていると言っても過言ではありません。

 

 

 

子宮蓄膿症は、特に中高齢で避妊手術をしていないわんちゃんに多く見られます。

わんちゃんほどではないですが、猫ちゃんも発症します。

なぜわんちゃんに発症しやすいかと言いますと、わんちゃんは発情後妊娠が成立しなくても、約二か月間の間黄体ホルモンが分泌され続けます(人間の場合、妊娠が成立しなければ黄体ホルモンの分泌は終了し、月経が起こります)。黄体ホルモンが分泌され続けている間、子宮内膜は受精卵が着床しやすいフカフカのベッドの状態で肥厚しており、免疫力が低下しているため、細菌感染が起こりやすくなります。その状態が長期間続くことで、子宮蓄膿症を発症しやすくなります。

出産経験のないわんちゃん、または何年もの間出産していない中高齢犬で起こりやすい病気ですが、若い子でも発症することはあります。黄体ホルモンの影響を受けて子宮が肥厚するという状態を何度も繰り返すと、感染しやすくなるため、発情期をたくさん経験した高齢の子ほど発症リスクが高くなります。

 

 

 

子宮蓄膿症を予防するには、避妊手術をすることです。

手術で子宮と卵巣を摘出してしまえば、子宮蓄膿症は治ります。

しかし、助からなかったケースとして、高齢で他にも疾患があり手術ができなかった(麻酔をかけられるコンディションではなかった)、具合が悪くなってからだいぶ時間が経ってしまい手遅れであった(子宮破裂、敗血症など)、ということがありました。

なので出産の予定がないのであれば、なるべく若いうちに避妊手術をお勧めします。

また、生まれて初めての発情が来る前に避妊手術をすると、乳がん予防もできます。二回目、三回目の発情が来るたびに、乳がん予防率は下がっていきます。四回目の発情以降に避妊手術をした場合は、乳がん予防の効果は低いと言われています。

私も、動物病院で働く前までは、「わざわざ子宮を取るなんてかわいそう」だと思っていました。しかし現場では、あまりにも子宮蓄膿症のわんちゃんが多いのに驚き、避妊手術はした方がよいと思うようになりました。

 

 

・多飲多尿
・食欲がない
・嘔吐
・お腹が張っている
・元気がない
・陰部からの出血
などの症状が見られる場合は、子宮蓄膿症かもしれません。「わりと元気そう」であっても子宮蓄膿症の子もいました。

早期発見が要ですので、しばらく様子をみているのではなくなるべく早く病院へ行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2019年9月13日更新

眼が開かない、赤い、かゆがる、シャンプーが目に入った、眼球に傷が付いている。

 

こんなときは、様子をみないですぐに受診されることをお勧めします。

 

眼の傷は進行が早く、一日放置しておいただけでも取り返しのつかないことになる恐れもあります。

 

 

 

こちらは、シャンプーの次の日に眼が開かないとのことで来院されたワンちゃんの眼の写真です。

 

 

まぶたや白目の部分が真っ赤に充血してしまっています。

 

角膜(眼の一番表面の透明な部分)に傷がないか調べるために特殊な色素で色を付けています。

 

角膜に傷があると黄緑色に染まります。

 

この子のようにきれいな丸に染まる時はシャンプーなどの液体成分が原因のことが多いです。

 

 

点眼から1週間後の様子です。

一週間ほどの点眼で染色しても色がつかなくなり、角膜の傷がふさがったことがわかります。

 

まぶたや白眼の部分の充血もなくなり、ぱっちりと眼を開けるようになりました。

 

この子のように傷が浅い場合は傷跡が残ることもほとんどありません。

 

 

 

このように眼の角膜の傷はできるだけ早く適切な治療をしてあげることが大切です。

 

もし角膜の傷を治療せずに時間がたってしまうとどのようになってしまうのでしょうか?

 

もちろん無治療で自然治癒することもまれにありますが、そうでない場合には傷がどんどん深くなって角膜に穴が開いてしまいます。

 

そうなると治療も長期間かかりますし、手術の必要性や失明してしまう可能性もあります。

 

 

 

下の写真は眼が赤くなっていたものの、ご自宅でしばらく様子を見られていた子のものです。

 

しばらく様子をみていたそうで、数日経ってから来院されました。

 

角膜全体が白く濁り、穴がより深くなっています。

 

また、穴の中心部には透明な膜のようなものが飛び出しているように見えます。

 

これは「デスメ膜瘤」とよばれ、角膜が穿孔する一歩手前の状態です。

 

治療を初めて2週間後の写真です。

 

角膜の穴が浅くなり、透明度が増しています。

 

この後もご家族が根気よく点眼を続けられ、傷跡は残ったものの、ほとんど元通りになりました。

 

 

 

 

 

こちらはまた別のわんちゃんですが、同じような症状で来院されました。

 

前の子と同様に角膜が白く濁り、白目の部分が真っ赤に充血しています。

 

しかし、この子の場合は目の中心にフィブリンと呼ばれる血液中の成分が付着しています。

 

指で眼を触診するとブヨブヨしており、完全に弾力を失っていました。

 

また、眼の中から眼房水と呼ばれるお水が漏れており、角膜が穿孔してしまっていました。

 

手術も検討しなければいけない状況ですが、ご家族のご希望もあり点眼による治療を行いました。

 

 

点眼開始から1週間後の写真です。

 

角膜の白い濁りが少なくなり透明度が増してきています。

 

まだ涙の量は多く眼の周りの毛が茶色く汚れてしまっています。

 

 

 

 

 

点眼開始から1ヶ月後の写真です。

 

 

傷が塞がり、きれいに回復しています。

 

眼の弾力や大きさも元にもどり、視力も回復してくれました。

 

ご主人様が、毎日10回近くの点眼を根気強くされ続けたおかげです。

 

「しばらく様子をみるんじゃなくて、すぐに病院に来んばやったね。」と飼い主様もおっしゃっていました。

 

 

お電話で「眼が赤くなっているが様子をみていいですか?」とのお問合せをいただくことが多いですが、

 

角膜に傷が入っていたり眼圧が上がっているような場合には早急な治療が必要ですので、すみやかにご来院ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2017年9月24日更新

最近わんちゃんの元気・食欲がなく、震えているとのことで来院されるケースが増えています。

 

 

原因は様々ですが、前日まで元気だったわんちゃんが震えている場合、

腰やお腹など体のどこかに痛みを感じていることがよくあります。

 

 

その中でもお腹を痛がる原因としてよく見られるのが「膵炎」です。

当院でも、膵炎が原因で入院治療となる子が多く見られます。

 

 

膵炎は、その名の通り膵臓に炎症が起きる病気です。

 

膵臓は主に蛋白質を分解する消化液を作っている場所で、

膵臓が自分で出した消化液で自分自身を消化してしまう「自己消化」が起きることで炎症が起こります。

 

発症の原因はわかっていないことも多いですが、肥満気味の子や油っこい食事を食べている子によくみられます。

 

 

 

軽症であれば内服薬と食事療法で良くなることが多いですが、

重症の場合は入院治療が必要となってしまいます。

 

 

退院しても太りすぎや、脂肪を摂りすぎると再発してしまうので、

飼い主様が食事を調節してあげる必要があります。

 

可愛さあまりについつい食べ物をあげたくなってしまいますが、

わんちゃんの健康のためにも適切な食事管理をしてあげましょう!

 

 

 

 

膵炎治療後、元気に退院されたわんちゃん(^-^)

2017年4月17日更新

みなさんこんにちは。

 

 

今回はワンちゃんの歯石取りについてのお話です。

 

 

わんちゃんのお口の匂いが気になっている方は多いのではないでしょうか?

 

 

当院でもお口のトラブルに関するご相談はとても多く、

その子に合わせたいろいろな方法でお口のケアについての提案させていただいています。

 

 

ワンちゃんは人間とはお口の中の環境が違ってアルカリ性に傾いているため、

虫歯になることは滅多にありません。

その代わり、歯石が付きやすくほとんどの子が歯周病になってしまいます。

 

 

歯周病は口臭や見た目の問題だけでなく、

ばい菌が増えてお顔が腫れてしまったり、慢性的なくしゃみの原因にもなります。

また、適切に処置をすると元気や食欲が増す子が多いため、

外からはわかりにくいですが疼くような痛みがあると思われます。

 

 

体格や食事内容の影響も大きく、主食が柔らかいフードであったり、

体が小さい子のほうがより重度になりやすいです。

 

 

今回のワンちゃんもお口の匂いが気になるとのことで来院されました。

処置の方法やリスク等についてお話をさせていただき、麻酔下での歯石取りを行うことになりました。

 

 

下の写真は処置前の状況です。

 

IMG_0427IMG_0423

 

歯の全面にたくさんの歯石が付いてしまっています。

 

 

また、歯肉が退縮して歯の根っこの一部が露出している状況で、重度の歯周病の状態です。

処置として、超音波スケーラーでの歯石除去を歯のポリッシング(研磨)を行いました。

 

 

こちらが処置後です。

 

IMG_0432IMG_0442

 

歯石がきれいに取れて、歯の表面がツルツルになっています。

 

 

根っこが見えてしまっている歯は本来(歯周病の治療のことだけを考えると)抜歯が必要な歯です。

 

 

ただ、たくさんの歯を抜くとお顔の雰囲気が変わってしまったり、

舌が常にお口から出ている状態になってしまうことがあります。

また、麻酔時間も長くなり、費用もかかります。

 

 

そのため当院では必要な処置をご説明したうえで話し合いをさせていただき、

その子の症状やご家族のご希望に沿った処置を行っています。

 

 

今回は抜歯は希望されないとのことで歯石の除去と研磨だけを行いましたが、

口臭を無くして歯周病の進行を予防することが目的であれば、十分な効果があります。

 

 

この子のご家族も一週間後のお口のチェックの際には口臭が全くなくなり、以前よりも元気や食欲が増したと喜んでいただけました。

 

 

ただし、これですべてが解決ではありません。

 

 

ワンちゃんの歯周病の予防で一番大事なのは、日頃の歯みがきです。

 

 

今まで歯みがきの経験が全くない子の場合は最初から完璧に磨くことは難しいですが、

歯みがきにもいくつかコツがありますので、その都度お話をさせていただきながら

少しずつ歯みがきができるように頑張っています。

 

 

今回はワンちゃんのお話でしたが、歯周病はネコちゃんにも同じようにおこります。

口臭やお口の痛みなどでお悩みの場合やぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市南区、春日市、那珂川町で動物病院をお探しの方は当院までお気軽にお問合わせください。

2016年9月9日更新