来院時のご注意

犬

安心してご来院いただけるよう、診察のながれと来院時のご注意についてのご案内です。

慣れない環境で他の動物に会ってビックリして逃げてしまったり、興奮してケンカしてしまったりすることもあるかもしれません。

皆様のご協力とご理解をお願いいたします。

※他の子と折り合いが悪い、興奮してしまう等、ご不安な点はご遠慮なく受付にご相談下さい。

ワンちゃんを連れて来て頂く時

首輪や胴輪を緩みのないようにしっかりと付けてあげて下さい。
体と首輪の間に指が1~2本くらい入るくらいがちょうどいいサイズです。

普段お家やお外でお利口にしている子でも、具合が悪い時やいつもと違った環境では他の子と仲良く出来ないかも知れません。

待合室でお待ちいただいている間も、リードはしっかりとお持ち下さい。
また、体の小さい子はケージに入れてご来院頂くと、落下事故などを防止できます。

猫ちゃんを連れて来て頂く時

キャリーバックやファスナー付きネットなどに入れてご来院下さい。
車や病院・診察室への出入りの際、緊張や興奮のため、飼い主様の手を離れて逃げてしまう猫ちゃんもいるので、怪我や迷子などの事故がないように、充分ご注意ください。

普段お利口な子でもゲージから出したり、ネットからお顔を出したりされないようにお願い致します。
素早く、体の柔らかい動物さんですので、小さな隙間からでもあっという間に飛び出して事故に遭ってしまう可能性があります。

診察のながれ

①受付

受付で「初めてです」とお申し出ください。問診票をお渡しします。ソファにペットの子とおかけになって、ゆっくりとご記入ください。ご記入後、受付へお出しください。
(二回目からは、受付に診察券とお手帳をお出しください。)

待ち時間の間、極度におびえる子や興奮してしまう子は、お外やお車でお待ちいただくこともできます。その旨受付へお申し出ください。

流れ

受付

流れ

待合室

②診察・検査

流れ

名前を呼ばれたら、診察室へお入りください。
当院は予約制ではありませんので、来られた順番でお呼びします。

まずは患者様のお話をしっかりと聞かせてください。その上でわかりやすくていねいに説明しながら診察をします。

患者様にご理解と同意を得たうえで治療方法や検査をすすめていきますので、ご安心ください。
ご不明な点があれば、何でもおたずねください。

③処方

診察が終わりましたら待合室でお待ちください。お薬をお作りします。
お外やお車でお待ちいただくこともできます。その旨受付へお申し出ください。

④お会計

流れ

お薬の説明とお会計をします。
診察券・お手帳をお渡しします。